立命館大学の研究グループ、日本最古の火災保険図である「京都市明細図」の原図を発見

2015年4月24日、立命館大学アート・リサーチセンターは、同学文学部の矢野桂司教授らの研究グループが、京都市の長谷川歴史・文化・交流の家において、日本最古の火災保険図である「京都市明細図」の原図を発見したと発表しました。

今回、発見された原図は、2010年に京都府立総合資料館で存在が初めて確認された「京都市明細図」の原図に当たるとのことです。正確な発行年は不明であるものの、地図に描かれた内容から、1926年7月以降の発行と推察されるとのことです。

今回発見された図と京都府立総合資料館の所蔵する図とを比較すれば、大正末から戦後までの京都の町中の変化を精確にとらえることができると期待されており、今後、長谷川歴史・文化・交流の家と共同して、当該図をWebで公開することも計画されているようです。

アート・リサーチセンター・矢野教授ら研究グループ 日本最古の火災保険図「京都市明細図」の原図を発見(立命館大学, 2015/4/24)
http://www.ritsumei.jp/news/detail_j/topics/?news_id=13182&year=2015&publish

HEADLINE NEWS - 立命館大学(2015/4/24付で“HEADLINE NEWS”欄に「アート・リサーチセンター・矢野教授ら研究グループ 日本最古の火災保険図『京都市明細図』の原図を発見」とあります。)
http://www.ritsumei.jp/index_j.html

京の記憶ライブラリ(京都府立総合資料館)
http://kyoto-shiryokan.jp/kyoto-memory/

長谷川歴史・文化・交流の家
http://hasegawa.okoshi-yasu.net

参考:
立命館大学、「京都市明細図」をGoogleマップやGoogle Earth上で閲覧できるウェブサイトを公開
Posted 2012年3月15日
http://current.ndl.go.jp/node/20394

昭和初期に作成された「京都市明細図」をGoogleマップ上にマッピング
Posted 2011年7月29日
http://current.ndl.go.jp/node/18786