カレントアウェアネス・ポータルは、図書館界、図書館情報学に関する最新の情報をお知らせする、国立国会図書館のサイトです。

図書館におけるデジタル人文学に関するプロジェクトでの主題専門家(subject specialist)の役割(文献紹介)

米国大学・研究図書館協会(ACRL)により、“Digital Humanities in the Library: Challenges and Opportunities for Subject Specialists”が刊行されました。本書は14の章からなる、デジタル人文学プロジェクトにおける主題専門家の役割を論じた論文集です。デジタル人文学プロジェクトに関わる実践的なアドバイスや主題専門家の能力向上に資する事例紹介が含まれています。

Digital Humanities in the Library: Challenges and Opportunities for Subject Specialists
http://www.alastore.ala.org/detail.aspx?ID=11391

参考:
E1409 - 特集“図書館におけるデジタル人文学”<文献紹介>
カレントアウェアネス-E No.233 2013.03.07
http://current.ndl.go.jp/e1409