カレントアウェアネス・ポータルは、図書館界、図書館情報学に関する最新の情報をお知らせする、国立国会図書館のサイトです。

欧州原子核研究機構(CERN)、Elsevier社と新たなオープンアクセス協定を結ぶ CERNの研究者が含まれる論文すべてをオープンに

2015年4月2日、欧州原子核研究機構(CERN)とElsevier社が新たなオープンアクセス(OA)協定を結んだことを発表しました。この協定により、Elsevier社の雑誌に掲載される、CERNの研究者による高エネルギー物理学分野等の論文はすべてOAとなります。

対象となるのは2015~2016年にかけて、『Nuclear Instruments and Methods A』、『Nuclear Physics A』などElsevier社の出版する4誌に掲載される、CERNの研究者を1人でも著者に含む論文です。これらの論文については著作権はCERNと著者に留保されたままで、出版後すぐにCC-BYライセンスの下でOA公開されます。また、2014年に出版された論文についても遡及的に同様の形で公開するとのことです。

Elsevier社の高エネルギー物理学分野の雑誌の中では、既に『Physics Letters B』と『Nuclear Physics B』が高エネルギー物理学分野のオープンアクセス(OA)プロジェクト“SCOAP3”の下でOAになっています。今回の協定はそれ以外の雑誌も含め、CERNの研究者の論文をすべてOAにすることを目的とするものです。

CERN and Elsevier Announce Further Open Access Agreement(Elsevier、2015/4/2付け)
http://www.elsevier.com/about/press-releases/research-and-journals/cern-and-elsevier-announce-further-open-access-agreement

参考:
オープンアクセスプロジェクトSCOAP3が2014年1月から運用開始
Posted 2013年12月6日
http://current.ndl.go.jp/node/25020

SCOAP3、オープンアクセス論文が5,000件に達したことを発表
Posted 2015年3月12日
http://current.ndl.go.jp/node/28147

欧州原子核研究機構(CERN)、実験データ等を公開するポータル“CERN Open Data Portal”を公開
Posted 2014年11月25日
http://current.ndl.go.jp/node/27498