米国科学財団(NSF)、助成による研究成果のパブリックアクセスの方針を公開

2015年3月18日、米国科学財団(NSF)が、NSFが助成する研究成果のパブリックアクセス方針“ Today's Data, Tomorrow's Discoveries”を公表しました。米国大統領府科学技術政策局(OSTP)が、公的助成による研究成果へのパブリックアクセスを促進させるため、2013年2月22日に、政府機関に対して方針策定を求めた指令に応えるものとのことです。

NSFは米国のエネルギー省(Department of Energy:DOE)と協力しており、初期の実装では、NSFの助成を受けた研究者等は“DOE PAGES (Public Access Gateway for Energy and Science) ”への、査読済み原稿等の登録が求められ、将来的には、他のレポジトリサービスも追加される予定とのことです。2015年末までは任意の提供が受け付けられ、2016年1月からは義務として実施されるとのことです。

NSF’S PUBLIC ACCESS PLAN:Today’s Data, Tomorrow’s Discoveries (PDF:35ページ)
http://www.nsf.gov/pubs/2015/nsf15052/nsf15052.pdf

Public Access To Results of NSF-funded Research (NSF)
http://www.nsf.gov/news/special_reports/public_access/

National Science Foundation announces plan for comprehensive public access to research results (NSF, 2015/3/18)
http://www.nsf.gov/news/news_summ.jsp?cntn_id=134478&org=NSF&from=news

National Science Foundation Releases Plan for Public Access to NSF-Funded Research(ARL, 2015/3/18)
http://www.arl.org/news/community-updates/3553-national-science-foundation-releases-plan-for-public-access-to-nsf-funded-research#.VQqFnayp3fM

参考:
米国エネルギー省“Public Access Gateway for Energy and Science(PAGES)”を公開
Posted 2014年8月5日
http://current.ndl.go.jp/node/26733

E1437 - 政府情報のオープンデータ化に関する大統領令制定(米国)
カレントアウェアネス-E No.238 2013.06.06
http://current.ndl.go.jp/e1437

米国政府、公的助成研究成果のパブリックアクセス拡大に向けた計画案の策定を政府機関に指示
Posted 2013年2月25日
http://current.ndl.go.jp/node/22967