カレントアウェアネス・ポータルは、図書館界、図書館情報学に関する最新の情報をお知らせする、国立国会図書館のサイトです。

鹿児島県立博物館、収蔵資料データベースの公開を開始

鹿児島県立博物館が、2015年3月10日から、収蔵している動物の剥製や標本などの資料のデータを閲覧できる「鹿児島県立博物館収蔵資料データベース」の運用を開始しました。

一次資料(生物,岩石,化石などの標本)について、植物32,068件、動物76,998件、地学4,276件の計113,342件が検索できるとこのとです。二次資料(図書,写真,模型など)については、含まれていないとのことです。植物、動物、地学の分類や種/鉱物名/和名から検索でき、画像があるデータのみに絞り込むこともできます。

鹿児島県立博物館 収蔵資料データベース
http://jmapps.ne.jp/kagoshima_pref_museum/index.html

「鹿児島県立博物館 収蔵資料データベース」の公開開始のお知らせ(鹿児島県立博物館, 2015/3/10)
https://www.pref.kagoshima.jp/bc05/hakubutsukan/iimono/documents/44105_20150304083100-1.pdf

鹿児島県立博物館の収蔵資料データベースの公開を開始しました。(鹿児島県立博物館, 2015/3/10)
https://www.pref.kagoshima.jp/bc05/hakubutsukan/iimono/database.html