カレントアウェアネス・ポータルは、図書館界、図書館情報学に関する最新の情報をお知らせする、国立国会図書館のサイトです。

チャンス・フォー・チルドレン、「被災地・子ども教育調査」報告セミナーを開催、発表資料として、調査の分析結果報告を公開

2015年2月23日、公益社団法人チャンス・フォー・チルドレン(CFC)が、東日本大震災「被災地・子ども教育調査」報告セミナーを開催しました。このセミナーでは、CFCの教育クーポン応募者など東日本大震災の被災家庭2,338件を対象に、普段の生活や教育等についてアンケート調査を行った「被災地・子ども教育調査」について、その分析結果が発表されたとのことです。分析については、三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社様が主催している「ソーシャルビジネス支援プログラム」の一環で、同社のプロボノ社員の方々が担当したとのことです。

CFCのページで、当日の発表概要に加え、発表資料として、調査の分析結果報告が公開されています。

【実施報告】2/23(月)「被災地・子ども教育調査」報告セミナーのご報告(チャンス・フォー・チルドレン, 2015/2/26付)
http://cfc.or.jp/archives/event/2015/02/26/8551/

「被災地・子ども教育調査」報告セミナー 発表資料|「被災地・子ども教育調査」分析結果の報告(三菱UFJリサーチ&コンサルティング, チャンス・フォー・チルドレン, 2015/2/23付)
http://cfc.or.jp/wp-content/uploads/2015/03/MURC0220_revised.pdf

【申込み締切りました】2/23(月)19時「被災地・子ども教育調査」報告セミナー ~東日本大震災被災地の「子どもの貧困」「教育格差」の実態が浮き彫りに~(チャンス・フォー・チルドレン, 2015/2/2付)
http://cfc.or.jp/archives/event/2015/02/02/7824/

http://cfc.or.jp/wp-content/uploads/2015/02/leaf150223_2.pdf
※セミナーの案内チラシ