カレントアウェアネス・ポータルは、図書館界、図書館情報学に関する最新の情報をお知らせする、国立国会図書館のサイトです。

IFLA Journal、2015年3月号が刊行

国際図書館連盟(IFLA)が刊行する“IFLA Journal”の41巻1号(2015年3月)が公開されました。

この号では、Heather Lea Moulaison氏による、RDAを適用して作成された個人名典拠を分析した“The expansion of the personal name authority record under Resource Description and Access”、Jenny Bossaller氏らによるガーナの機関リポジトリについての記事“Sharing science: The state of institutional repositories in Ghana”、Valeda F. Dent氏らによる、ウガンダの中学生の読書習慣において地方の図書館が果たす役割についての“The rural library’s role in Ugandan secondary students’ reading habits”、Mahmoud Sherif Zakaria氏による、1981年から2010年までのアラブの図書館情報学関係のジャーナルにおける研究成果を分析した“Scholarly productivity of Arab librarians in Library and Information Science journals from 1981 to 2010: An analytical study”等の記事が掲載されています。

Now available: March 2015 issue of IFLA Journal(IFLA, 2015/3/4)
http://www.ifla.org/node/9447

IFLA Journal Volume 41 Number 1 March 2015
http://www.ifla.org/files/assets/hq/publications/ifla-journal/ifla-journal-41-1_2015.pdf