米国大学・研究図書館協会(ACRL)、新しい高等教育のための情報リテラシーの枠組みを提示

米国の大学・研究図書館協会(ACRL)は、2000年に制定された『高等教育のための情報リテラシー能力基準(Information literacy competency standards for higher education)』の改訂を行っており、2013年3月から、検討のためのワーキンググループの活動が開始されていました。2015年1月5日に、最終版として、“Framework for Information Literacy for Higher Education”がACRLの情報リテラシー基準の委員会に諮られ、ALA冬季大会中の2月2日にACRLの理事会に提出されたとのことです。

Framework for Information Literacy for Higher Education(ACRL MW15 Doc 4.0)
http://acrl.ala.org/ilstandards/wp-content/uploads/2015/01/Framework-MW15-Board-Docs.pdf

Framework for Information Literacy for Higher Education(ACRL)
http://www.ala.org/acrl/standards/ilframework

Framework for Information Literacy for Higher Education
http://acrl.ala.org/ilstandards/

Beyond the Threshold: Conformity, Resistance, and the ACRL Information Literacy Framework for Higher Education(In The Library with The Lead Pipe, 2015/2/25)
http://www.inthelibrarywiththeleadpipe.org/2015/beyond-the-threshold-conformity-resistance-and-the-aclr-information-literacy-framework-for-higher-education/

参考:
CA1445 - 米国における利用者教育の方向-大学・学校図書館の基準を中心に- / 野末俊比古 カレントアウェアネス No.268 2001.12.20
http://current.ndl.go.jp/ca1445

図書館研究シリーズNo.40 米国の図書館事情2007-2006年度
第3章 教育・リテラシー
3.2 大学図書館が教育・リテラシーに果たす役割 ~情報リテラシー教育とインフォメーション・コモンズ~
http://current.ndl.go.jp/node/14417

大学・研究図書館協会(ACRL)による『高等教育のための情報リテラシー能力基準』の改訂作業、ドラフト第2版が公開(米国)
Posted 2014年6月18日
http://current.ndl.go.jp/node/26373

大学・研究図書館協会(ACRL)、『高等教育のための情報リテラシー能力基準』を改訂中、ドラフトが公開され、意見募集中(米国)
Posted 2014年4月7日
http://current.ndl.go.jp/node/25866

国立大学図書館協会、「高等教育のための情報リテラシー基準 ドラフト 2.3」を作成
Posted 2014年7月30日
http://current.ndl.go.jp/node/26683