OCLC、図書館のデータへのLinked Dataのコンセプトの適応をテーマにしたイベントの発表資料や動画を公開

2015年2月10日、サンフランシスコ公共図書館で、図書館のデータにLinked Dataのコンセプトを適応することをテーマとしたイベント“Library Data [R]evolution: Applying Linked Data Concepts”が開催されました。同館とNorthern California Technical Processes Group、OCLCにより開催されたとのことです。

以下の4つの発表、および、パネルディスカッションが行われたようです。発表資料、動画が公開されています。

Walk Before You Run: Prerequisites to Linked Data
by Kenning Arlitsch, Dean, Montana State University

BIBFRAME Update – Why, What, When
by Sally McCallum, Chief, Network Development/MARC Standards Office, Library of Congress

Making Library Collections Discoverable on the Web
by Ted Fons, Executive Director, Data Services and WorldCat Quality Management, OCLC

BIBFLOW: Linked Data in the Not-So-Wild
by Carl Stahmer, Director of Digital Scholarship at University of California, Davis

Library Data [R]evolution: Applying Linked Data Concepts(OCLC)
http://www.oclc.org/en-US/events/2015/CI_SFPL_Feb_2015.html

Library Data [R]evolution: Applying Linked Data Concepts
http://www.oclc.org/content/dam/oclc/events/2015/CI_SFPL_PPTS/CI_SFPL_agenda.pdf
※アジェンダ

参考:
CA1837 - ウェブで広がる図書館のメタデータを目指して―RDAとBIBFRAME / 柴田洋子
カレントアウェアネス No.322 2014年12月20日
http://current.ndl.go.jp/ca1837