米国デジタル公共図書館(DPLA)に4つの地域からサービス・ハブが参加

2015年2月13日、米国デジタル公共図書館(DPLA)は新たに4つの地域からサービス・ハブが参加したことを発表しました。サービス・ハブは、州や地方の電子図書館で、地域内の諸機関のメタデータを集約してDPLAに受け渡すとともに、データ提供元機関に対してデジタル化に関わる標準的なサービスを提供する機関です。

新たにサービス・ハブが追加された地域と運用機関は以下の通りです。

・テネシー州:University of Tennessee – Knoxville、Tenn-Share、Tennessee State Library and Archivesの3機関が共同運営
・メリーランド州:Digital MarylandとUniversity System of Maryland and Affiliated Institutionsが共同運営
・メイン州:Maine State Library
・カリブ海地域:Digital Library of the CaribbeanとUniversity of Floridaの連携により運営

DPLA welcomes four new Service Hubs to its growing national network: Tennessee, Maryland, Maine, and the Caribbean(DPLA、2015/2/13付け)
http://dp.la/info/2015/02/13/dpla-welcomes-four-new-service-hubs-to-its-growing-national-network-tennessee-maryland-maine-and-the-caribbean/

参考:
米国デジタル公共図書館(DPLA)に3つのサービス・ハブが追加 Posted 2013年10月28日
http://current.ndl.go.jp/node/24693

米国デジタル公共図書館(DPLA)の2014年の進捗状況(記事紹介) Posted 2015年1月15日
http://current.ndl.go.jp/node/27796

E1429 - 米国デジタル公共図書館(DPLA)が公開される カレントアウェアネス-E No.237 2013.05.23
http://current.ndl.go.jp/e1429

E1646 - 米国デジタル公共図書館(DPLA)戦略計画2015-2017 カレントアウェアネス-E No.274 2015.01.22
http://current.ndl.go.jp/e1646