Knowledge Unlatchedによる学術書のオープンアクセスの試行についての全体報告が公開

Knowledge Unlatchedによる、学術書をオープンアクセスとするための出版モデルの試行についての全体レポートが“Cultural Science”誌の7巻2号(2014年)として公開されています。Knowledge Unlatchedの副理事のLucy Montgomery氏によるものです。

試行は、2012年1月から2014年9月にかけて行われ、24か国297の図書館が、13の出版社から提供された人文学や社会科学の学術書28タイトルのコストを共同で負担し、オープンアクセスとしたとのことです。最初の12週では、121か国から6,301回ダウンロードされ、24週では、138か国12,763回まで増えたとのことです。

この試行の概要については、2014年5月に発表されていました。

Knowledge Unlatched:A Global Library Consortium Model for Funding Open Access Scholarly Books(Cultural Science)
http://cultural-science.org/journal/index.php/culturalscience/article/view/96

http://cultural-science.org/journal/index.php/culturalscience/article/view/96/170
※本文

Knowledge Unlatched
http://collections.knowledgeunlatched.org/

DOWNLOADS
http://collections.knowledgeunlatched.org/downloads/

参考:
Knowledge Unlatched、オープンアクセスの試行についての概要報告を公開
Posted 2014年5月26日
http://current.ndl.go.jp/node/26214

E1626 - 学術書のオープンアクセスの実現に必要なものは(英国)
カレントアウェアネス-E No.270 2014.11.13
http://current.ndl.go.jp/e1626

E1513 - OAが人文系学術書に与える影響 オランダからの報告
カレントアウェアネス-E No.250 2013.12.12
http://current.ndl.go.jp/e1513