カレントアウェアネス・ポータルは、図書館界、図書館情報学に関する最新の情報をお知らせする、国立国会図書館のサイトです。

CrossRefラボ、“DOI Chronograph”を公開

2015年1月12日のCrossRefのブログで、新しいツール“DOI Chronograph”が紹介されています。DOIは正式な学術情報文献における引用に活用されていますが、こうした出版物以外でも利用されてきているとのことです。そこで、DOI Event Tracking、Article-Level Metrics(ALM)のプロジェクトで、オープンなウェブの世界でDOIがどの程度利用されているのかについて、情報を収集したとのことです。

DOI Chronographには、特定のドメインおよびそのサブドメインからDOIが何回クリックされたのか、また、特定のDOIについて、何回リンク解決を行ったかをそれぞれを日毎に集計し、グラフで表示する機能等を備えているとのことです。

DOI Chronograph
http://chronograph.labs.crossref.org/

Introducing the CrossRef Labs DOI Chronograph(CrossRef, 2015/1/12)
http://crosstech.crossref.org/2015/01/introducing-chronograph.html

ALM Workshop 2014 in San Francisco
http://dx.doi.org/10.6084/m9.figshare.1287503

Domain: wikipedia.org
http://chronograph.labs.crossref.org/domains/wikipedia.org
※wikipediaドメインにおけるDOIのクリック回数

Subdomain: ja.wikipedia.org
http://chronograph.labs.crossref.org/subdomains/ja.wikipedia.org
※日本語版wikipediaにおけるDOIのクリック回数

参考:
CA1836 - CrossRefの動向 revisited / 長屋 俊
カレントアウェアネス No.322 2014年12月20日
http://current.ndl.go.jp/ca1836