米国図書館協会、図書館の視点から見た3Dプリントの政策検討に関するレポートを発表

米国図書館協会(ALA)が、図書館の視点から見た3Dプリントの政策検討に関するレポート“Progress in the Making: 3D Printing Policy Considerations through the Library Lens”を公表しました。3Dプリント技術の歴史と概説、3Dプリント産業による経済的影響の可能性、教育における3Dプリントの役割、表現の自由や知的所有権等に関する3Dプリントの政策的課題、図書館の役割等について述べられているとのことです。

Progress in the Making 3D Printing Policy Considerations through the Library Lens(PDF:21ページ)
http://www.ala.org/offices/sites/ala.org.offices/files/content/3D%20Library%20Policy-ALA%20OITP%20Perspectives-2015Jan06.pdf

Rapid growth in 3D printer use raises public policy issues for libraries and society(ALA, 2015/1/6)
http://www.ala.org/news/press-releases/2015/01/rapid-growth-3d-printer-use-raises-public-policy-issues-libraries-and-society

参考:
E1635 - 図書館でティーンの学びを育む「ラーニングラボ」(米国)
No.272 2014.12.12
http://current.ndl.go.jp/e1635

図書館サービスとしての3Dプリントを実現する(文献紹介)
Posted 2014年10月29日
http://current.ndl.go.jp/node/27328

3Dプリンタと著作権の関係は? Public Knowledgeが白書を刊行
Posted 2013年2月1日
http://current.ndl.go.jp/node/22829