米国政府、災害に関するデータを集めた“Disasters.Data.Gov”を公開

2014年12月15日、米国政府が、災害に関するデータを集めた“Disasters.Data.Gov”を公開しました。災害発生時の最初の対応者、生存者や政府関係者に必要な情報を提供し支援するためのツールやデータとのことです。

地震や洪水、ハリケーンといった災害の種別毎に提供されているデータセット、最初の対応者や緊急事態の管理担当者が最小のコストで展開できるようなツールやアプリケーションが公開されているとのことです。また、政府から民間部門まで、あらゆるレベルで活用できる防災のためのオープンなデータ管理が呼びかけられています。

Disasters.Data.Gov
http://www.data.gov/disasters/

Launching Disasters.Data.Gov to Empower First Responders and Survivors with Innovative Tools and Data(White house, 2014
/12/15)
http://www.whitehouse.gov/blog/2014/12/15/launching-disastersdatagov-empower-first-responders-and-survivors-innovative-tools-a

Launching Disasters.Data.Gov to Empower First Responders and Survivors with Innovative Tools and Data(Disasters.Data.Go
v, 2014/12/14)
http://www.data.gov/disasters/launching-disasters-data-gov-empower-first-responders-survivors-innovative-tools-data/

参考:
E1437 - 政府情報のオープンデータ化に関する大統領令制定(米国)
カレントアウェアネス-E No.238 2013.06.06
http://current.ndl.go.jp/e1437