カレントアウェアネス・ポータルは、図書館界、図書館情報学に関する最新の情報をお知らせする、国立国会図書館のサイトです。

『種の起源』の出版から155年、米国自然史博物館、ケンブリッジ大学図書館、ダーウィンの手稿資料等の高解像度カラー画像を公開

2014年11月24日、米国自然史博物館がケンブリッジ大学図書館等と共同で進める“Darwin Manuscripts Project”のプロジェクトサイトと、ケンブリッジ大学図書館の電子図書館“Cambridge Digital Library”において、12,000以上のチャールズ・ダーウィンの手稿資料等が、高解像度のカラー画像で同時に公開されたことが発表されました。1859年11月24日にダーウィンが『種の起源』を出版してから155年になることを記念して公開したとのことです。

2015年6月までに、ダーウィンが1835年から1882年に書いた資料が更に公開される予定とのことです。

The evolution of Darwin’s Origin: Cambridge releases 12,000 papers online (Cambridge University Library, 2014/11/24)
http://www.lib.cam.ac.uk/newspublishing/detail.php?news=452

Project to Digitize Darwin’s Writings on Evolution Nearly Halfway Complete(American Museum of Natural History, 2014/11/24)
http://www.amnh.org/explore/news-blogs/news-posts/project-to-digitize-darwin-s-writings-on-evolution-nearly-halfway-complete

Cambridge Digital Library
http://cudl.lib.cam.ac.uk/collections/darwin_mss

Darwin Manuscripts Project
http://www.amnh.org/our-research/darwin-manuscripts-project

参考:
英ケンブリッジ大学等によるダーウィンの手紙資料デジタル化プロジェクト、5,000点を突破
Posted 2013年4月1日
http://current.ndl.go.jp/node/23233

米国自然史博物館がチャールズ・ダーウィンの手稿資料プロジェクトサイトを公開 デジタル化資料等を提供するデータベースも
Posted 2012年2月13日
http://current.ndl.go.jp/node/20152

ケンブリッジ大学図書館所蔵のダーウィン『種の起源』原稿、デジタル化・公開される
Posted 2008年5月1日
http://current.ndl.go.jp/node/7759

ダーウィンの著作・原稿集、オンラインで無料公開(英国)
Posted 2006年10月20日
http://current.ndl.go.jp/node/4781