情報科学・図書館学分野で最も多作の研究機関は(米国)

2014年11月、Thomson Reuters社の“Science Watch”が、2009年から2013年にかけて同社に索引付けられた情報科学や図書館学分野の16,205論文を研究評価ツールInCitesを用いて分析し、当該期間に多くの論文を発表した上位5つの米国の機関を公表しています。

1位は、247論文を発表したインディアナ大学とのことです。

US Institutions: Most Prolific in Information Science & Library Science, 2009-2013(Science Watch,November 2014)
http://sciencewatch.com/weekly-byte/us-institutions-most-prolific-in-information-science-library-science-2009-2013

参考:
米国の図書館情報学分野のコアジャーナル(文献紹介)
Posted 2014年1月9日
http://current.ndl.go.jp/node/25228

米国の図書館情報学大学院のランキング
Posted 2013年4月2日
http://current.ndl.go.jp/node/23243

E1331 - 図書館情報学分野の雑誌の格付けは?<文献紹介>
カレントアウェアネス-E No.221 2012.08.23
http://current.ndl.go.jp/e1331

情報学・図書館学分野で影響力の大きい論文を創出する米国機関
Posted 2010年2月1日
http://current.ndl.go.jp/node/15723

図書館情報学論文の生産数トップの大学は?(英国)
Posted 2006年6月23日
http://current.ndl.go.jp/node/4144