世界の出版レコードにおいてニュージーランドの存在が占める規模と範囲

2014年10月13日、OCLCの研究開発部門であるOCLC Researchが、世界の出版レコードにおいてニュージーランドの存在が占める規模と範囲について調査したレポート"Kiwis in the Collection: The New Zealand Presence in the Published Record"を公表しました。このレポートで定義される、出版レコードにおけるニュージーランドの存在とは、ニュージーランド内で出版された、ニュージーランド生まれの人物により作成された、あるいはニュージランドについて取り上げた、図書、音源、フィルム等の資料コレクションを指すとのことです。レポートでは、2013年1月のWorldCatのデータを用い、ニュージーランドの存在の際立った特徴を取り上げ、世界における普及状況についての調査を行ったとのことです。

このレポートは、OCLCが2013年9月17日に発表したスコットランドに関するレポートに続くものとのことです。

Kiwis in the Collection: The New Zealand Presence in the Published Record (OCLC, 2014/10/13)
http://www.oclc.org/research/publications/library/2014/oclcresearch-new-zealand-presence-2014-overview.html

Kiwis in the Collection: The New Zealand Presence in the Published Record (PDF:24ページ)
http://www.oclc.org/content/dam/research/publications/library/2014/oclcresearch-new-zealand-presence-2014-a4.pdf

Scope and Diffusion of National Presence in the Published Record(OCLC)
http://www.oclc.org/research/activities/national-presence.html