PLOS、カリフォルニア電子図書館(CDL)、DataONEが共同でデータの評価指標の開発プロジェクトを開始

2014年10月7日、PLOS、カリフォルニア電子図書館(CDL)、DataONEが共同でデータの評価指標の開発プロジェクト “Making Data Count: Developing a Data Metrics Pilot”を開始すると発表しています。米国科学財団(NSF)のEAGERの助成を受けて行われるとのことです。

このプロジェクトでは研究データに関する活動を把握するための指標を検討するとのことです。2009年にPLOSが開始した、記事レベルの評価指標の検討プロジェクト“Lagotto”の成果をベースにするとのことです。

Making Data Count: PLOS, CDL, and DataONE join forces to build incentives for data sharing(PLOS, 2014/10/7)
http://blogs.plos.org/tech/making-data-count-plos-cdl-and-dataone-join-forces-to-build-incentives-for-data-sharing/

Project Summary
http://escholarship.org/uc/item/9kf081vf

PLOS, CDL, and DataONE join forces to build incentives for data sharing(DataONE)
https://www.dataone.org/news/plos-cdl-and-dataone-join-forces-build-incentives-data-sharing

参考:
CA1818 - 研究データ共有時代における図書館の新たな役割:研究データマネジメントとデータキュレーション / 池内有為
カレントアウェアネス No.319 2014年3月20日
http://current.ndl.go.jp/ca1818