PorticoがCHORUSに協力し、OSTPの指令による公的助成を得た研究の長期アクセスを保障するための保存を支援することで合意

2014年8月14日、Porticoが、公的助成研究成果のパブリックアクセスに向けた官民連携イニシアティブ“Clearinghouse for the Open Research of the United States(CHORUS)”と保存についての取組みで合意したと発表しています。米国大統領府科学技術政策局(OSTP)が2013年2月に出した、政府機関に対して、政府助成を受けた研究の成果出版物やデータへのパブリックアクセスを促進させるための計画案策定を求めた指令に関して、その長期的なアクセスを保障するため、保存を支援することで合意したとのです。

CHORUS-Portico Agreement Supports Preservation Requirements of U.S. Federal OSTP Policy(Portico, 2014/8/14)
http://www.portico.org/digital-preservation/news-events/news/chorus-portico-agreement-supports-preservation-requirements-of-u-s-federal-ostp-policy

CHORUS-Portico Agreement Supports Preservation Requirements of U.S. Federal OSTP Policy(CHORUS)
http://chorusaccess.org/chorus-portico-agreement-supports-preservation-requirements-of-u-s-federal-ostp-policy/

参考:
出版社・学協会が公的助成研究成果のパブリックアクセス拡大に向けた官民イニシアティブ”CHORUS”を提案(米国)
Posted 2013年6月11日
http://current.ndl.go.jp/node/23696

E1450 - FundRef―その研究助成はどのような研究成果を生んだのか?
カレントアウェアネス-E No.240 2013.07.11
http://current.ndl.go.jp/e1450

公的助成研究成果のパブリックアクセスに向けた官民連携イニシアティブ“CHORUS”、出版者向けの実行指針を公開
Posted 2014年5月23日
http://current.ndl.go.jp/node/26195