カレントアウェアネス・ポータルは、図書館界、図書館情報学に関する最新の情報をお知らせする、国立国会図書館のサイトです。

Scopus収録のジャーナル評価指標(1999年-2013年)が公開

Elsevier社のScopusがカバーするジャーナルについて、1999年から2013年までの評価指数が公開されました。集計された評価指標は、Elsevier社がジャーナルに対する指標として用いている“Source Normalized Impact per Paper(SNIP)”、“SCImago Journal Rank(SJR)”、“Impact per Publication (IPP)”の3つです。

Elsevier社の紹介によると、SNIPは、異なる分野間でジャーナルの比較をしやすくするために、分野による引用のされやすさの違いを考慮したもの、SJRは、Google Page Rankに類似したアルゴリズムを用いて、引用元ジャーナルの質によって引用に重み付けをし、分野間の補正をしたもの、ということです。IPPは、雑誌の引用率を示すもので、当該年から3年分遡った引用数をそれぞれの年に出版された論文数で割ったものとのことです。

Journal Metric Values(Journal Metrics)
http://www.journalmetrics.com/values.php

Download the entire dataset 1999-2013 dataset for free (July 2014)(Journal Metrics)
http://www.journalmetrics.com/documents/SNIP_SJR_complete_1999_2013_v1_incl_IPP.xlsx

Scopus(エルゼビア)
http://www.elsevier.com/jp/online-tools/scopus/scopus_brochure.pdf
※p.7にSJRとSNIPの解説があります。

Journal Metrics
http://www.journalmetrics.com/

via:
New Online: Scopus Releases 2013 Journal Metrics(infoDOCKET, 2014/7/24)
http://www.infodocket.com/2014/07/24/scopus-releases-2013-journal-metrics-now-available-online/

参考:
ディスカバリーサービスPrimoが検索結果ランキングの算出にジャーナル評価指標SNIPとSJRを導入
Posted 2013年11月20日
http://current.ndl.go.jp/node/24900