カレントアウェアネス・ポータルは、図書館界、図書館情報学に関する最新の情報をお知らせする、国立国会図書館のサイトです。

Elsevier社、同社のテキスト・データ・マイニング(TDM)方針について、欧州研究図書館協会(LIBER)等からの取り下げ要求に対する回答を公開

2014年7月10日、Elsevier社から、同社のテキスト・データ・マイニング(TDM)方針について、欧州研究図書館協会(LIBER)等から寄せられていた取り下げを求める声明に対して、回答が公開されました。

回答では、同社のTDM方針は、著作権の権利制限についての要望を脅かすものではないとされており、著作権の権利制限が必要であるか否かに関わらず、また、各国の法的枠組みがどのようなものであれ、研究者に対して実質的に機能するTDMサービスを提供することが重要であるとする考えが示されているようです。

RE: OPEN LETTER IN RESPONSE TO THE REQUEST FOR ELSEVIER TO WITHDRAW ITS TEXT AND DATA MINING POLICY(Elsevier)
http://www.elsevier.com/__data/assets/pdf_file/0004/208948/TDM_openletter.pdf

How does Elsevier’s text mining policy work with new UK TDM law?(Elsevier)
http://www.elsevier.com/connect/how-does-elseviers-text-mining-policy-work-with-new-uk-tdm-law

Open Letter to Michiel Kolman, Senior VP Global Academic Relations, Elsevier(LIBER, 2014/7/1付)
http://libereurope.eu/wp-content/uploads/2014/07/Open-Letter-To-Elsevier1.pdf

参考:
欧州研究図書館協会(LIBER)等欧州の18の研究機関がElsevier社のテキスト・データ・マイニング(TDM)方針の取り下げを求める共同声明を公開
Posted 2014年7月2日
http://current.ndl.go.jp/node/26489