英国の7つの研究会議が研究成果保存のプラットフォームとして“Researchfish”を採用

2014年6月11日、英国の7つの研究会議が、その資金を提供した研究の成果を統一のプラットフォーム“Researchfish”で保存することを発表しました。

参加するのは、英国芸術・人文科学研究会議(Arts and Humanities Research Council:AHRC)、バイオテクノロジー・生物学研究会議(Biotechnology and Biological Sciences Research Council:BBSRC)、工学物理学研究会議(Engineering & Physical Sciences Research Council:EPSRC)、経済社会研究会議(Economic and Social Research Council:ESRC), 自然環境研究会議(Natural Environment Research Council)、科学技術施設会議(Science & Technology Facilities Council)、医療研究会議(Medical Research Council)の7つです。

このうち、科学技術施設会議、医療研究会議は2009年から同プラットフォームの開発に関与しており、このたび、その他の5つの研究会議が参加したとのことです。

All UK research councils adopt unified digital platform for capturing research outputs(Research Information, 2-14/6/13付)
http://www.researchinformation.info/news/news_story.php?news_id=1620

All UK research councils to report findings through unified digital platform for the first time(Researchfish, 2014/6/12付)
https://www.researchfish.com/node/1891

All UK research councils to report findings through unified digital platform for the first time(Projects, 2014/6/11付)
http://www.projectsmagazine.eu.com/news/all_uk_research_councils_to_report_findings_through_unified_digital_platform_for_the_first_time

News in brief - 12 June 2014(Times Higher Education, 2014/6/12付)
http://www.timeshighereducation.co.uk/news/news-in-brief-12-june-2014/2013858.article

ResearchFish
https://www.researchfish.com/

参考:
CA1818 - 研究データ共有時代における図書館の新たな役割:研究データマネジメントとデータキュレーション / 池内有為 カレントアウェアネス No.319 2014年3月20日
http://current.ndl.go.jp/ca1818

E1550 - データが変える研究,教育,ビジネス,社会:IDCC14
カレントアウェアネス-E
No.257 2014.04.10
http://current.ndl.go.jp/e1550

英国の3機関の研究データ共有についての価値や影響を調査したレポートが公開
Posted 2014年4月7日
http://current.ndl.go.jp/node/25867