英国物理学会出版局(IOP Publishing)、英国研究図書館コンソーシアム(RLUK)等と協力し、ハイブリッドOAの論文出版加工料(APC)を相殺する試行プロジェクトを開始

2014年5月27日、英国物理学会出版局(IOP Publishing)は、英国研究図書館コンソーシアム(RLUK)および英国の主要大学で構成されるRussell Groupと協力して、2014年にIOPに支払われたハイブリッドOAの論文出版加工料(APC)を、翌年の2015年の購読料から差し引くという相殺モデルの試行プロジェクトを行うと発表しています。3年間のプロジェクトとのことです。

IOP Publishing and UK university libraries collaborate on open access offsetting pilot(IOP Publishing, 2014/5/27付)
http://ioppublishing.org/newsDetails/IOP-Publishing-and-UK-university-libraries-collaborate-on-open-access-offsetting-pilot

IOP Publishing launches open access deal(IOP, 2014/5/27付)
http://www.iop.org/news/14/may/page_63308.html

IOP Publishing and UK university libraries collaborate on open access offsetting pilot(RLUK, 2014/5/30付)
http://www.rluk.ac.uk/news/iop-publishing-uk-university-libraries-collaborate-open-access-offsetting-pilot/

The Russell Group of Universities
http://russellgroup.ac.uk/our-universities/
※24の参加館の一覧を掲載

オーストリア科学財団など複数機関で、オープンアクセス助成の試行を開始
Posted 2014年2月6日
http://current.ndl.go.jp/node/25433

E1241 - ハイブリッドOAを巡る高等教育機関・出版社・助成機関の問題
カレントアウェアネス-E No.205 2011.11.25
http://current.ndl.go.jp/e1241

E1381 - 効率的なAPCの管理のために“仲介者”の果たしうる役割は?
カレントアウェアネス-E No.229 2012.12.28
http://current.ndl.go.jp/e1381