欧州委員会、MOOCとウェブ開発能力に関する調査報告を発表

2014年5月22日、欧州委員会がMOOCとウェブ開発能力に関する調査報告を発表しました。

この報告は欧州の200以上のMOOC提供機関に対する調査と、2,371の有効回答があったオンライン調査の結果に基づくものです。オンライン調査の回答者には学生のほか、実業家、研究者、企業関係者等が含まれていました。

オンライン調査の結果、回答者の3分の4はMOOCとは何かを知っており、64%はMOOCによる受講の経験もあるとしていました。また、実業家や企業関係者等にウェブやアプリのデザイン能力等を身に着ける効果的な方法を尋ねたところ、MOOCを挙げた回答者が最も多くなっていたとのことです。一方で、学生は自分の受けたいMOOCのコースをうまく見つけられていないという問題も指摘されています。

MOOCs are in high demand, especially for web design, according to new EC study(Open Education Europe、2014/5/22付け)
http://www.openeducationeuropa.eu/node/142833

REPORT ON WEB SKILLS SURVEY Support services to foster Web Talent in Europe by encouraging the use of MOOCs focused on web talent(Open Education Europe)
http://www.openeducationeuropa.eu/sites/default/files/news/MOOCs-for-web-skills-survey-report.pdf

European Students and Employers Seek More Web-Development MOOCs(The Chronicle of Higher Education、2014/5/22付け)
http://chronicle.com/blogs/wiredcampus/european-students-and-employers-seek-more-web-development-moocs/52887

参考:
CA1811 - 動向レビュー:MOOCの現状と図書館の役割 / 重田勝介 カレントアウェアネス No.318 2013年12月20日
http://current.ndl.go.jp/ca1811

E1433 - MOOCについて図書館員が知るべきことは?<文献紹介> カレントアウェアネス-E No.237 2013.05.23
http://current.ndl.go.jp/e1433