米国図書館協会(ALA)、下院でのNSA改革に関する法案の可決について声明

2014年5月22日の米国下院でのNSA改革法案可決に関して、米国図書館協会(ALA)が同日、“House-passed USA FREEDOM Act fails to fully protect Americans' privacy”と題して、ALA会長の声明をウェブサイトに掲載しています。下院で成立した内容が、プライバシー保護の観点で不十分であることを指摘するものとなっています。

House-passed USA FREEDOM Act fails to fully protect Americans' privacy
http://www.ala.org/news/press-releases/2014/05/house-passed-usa-freedom-act-fails-fully-protect-americans-privacy

USA FREEDOM Act(FINAL VOTE RESULTS FOR ROLL CALL 230)
http://clerk.house.gov/evs/2014/roll230.xml

米下院、NSA改革法案を可決―情報収集に制限(WSJ日本語版、2014/5/23付け)
http://jp.wsj.com/news/articles/SB10001424052702303295604579578492850343558

米下院が情報活動抑制法案を可決、「抜け穴」を危惧する声も(AFP BB News, 2014/5/23)
http://www.afpbb.com/articles/-/3015697?ctm_campaign=topstory

参考:
ALA、オバマ大統領のNSA改革案について声明を発表 Posted 2014年1月20日
http://current.ndl.go.jp/node/25282