COAR、EIFL、LIBER、中国科学院国家科学図書館、OpenAIRE、SPARCが共同で、研究成果の迅速な公開を支援する声明を公開

2014年5月14日、オープンアクセスリポジトリ連合(COAR)、Electronic Information for Libraries:EIFL、欧州研究図書館協会(LIBER)、中国科学院国家科学図書館(National Science Library of the Chinese Academy of Science)、OpenAIRE、SPARCが共同で、研究成果の迅速な公開を支援する声明を公開しました。

オープンアクセス(OA)のエンバーゴについて、新しいモデルに移行するまでには必要な暫定措置であるとしながら、OAの利点を損なうものであるとし、エンバーゴの期間は、自然科学分野では最大6か月、人文社会分野では最大12か月が望ましいとしているようです。

Major international associations join together to underscore their support for immediate open access to research articles(COAR, 2014/5/14付)
https://www.coar-repositories.org/news-media/major-international-associations-join-together-to-underscore-their-support-for-immediate-open-access-to-research-articles/

EIFL joins associations in support of immediate open access(EIFL, 2014/5/14付)
http://www.eifl.net/news/eifl-joins-associations-support-immediate-oa

Major International Associations Underscore Their Support for Immediate Open Access to Research Articles(LIBER, 2014/5/14付)
http://libereurope.eu/major-international-associations-underscore-support-immediate-open-access-research-articles/

SPARC joins major international associations in support of immediate open access to research(SPARC, 2014/5/14付)
http://www.sparc.arl.org/news/sparc-joins-major-international-associations-support-immediate-open-access-research-articles

参考:
学術雑誌論文の利用半減期とエンバーゴの長さを巡る議論
Posted 2014年1月7日
http://current.ndl.go.jp/node/25204

CA1801 - 「博士論文のエンバーゴを最大6年間に」:米国歴史学協会の声明とその反響 / 菊池信彦 カレントアウェアネス No.317 2013年9月20日
http://current.ndl.go.jp/ca1801

E1495 - ゴールドOAに偏重した英国のOA方針に対する批判と提言
カレントアウェアネス-E No.247 2013.10.24
http://current.ndl.go.jp/e1495