フロリダ大学図書館が米国デジタル公共図書館(DPLA)のコンテンツ・ハブに

2014年5月13日、フロリダ大学図書館が米国デジタル公共図書館(DPLA)のコンテンツ・ハブとなったことが発表されました。フロリダ大学図書館所蔵の古地図や貴重書、写本、写真等、390,000件以上のデータがDPLAより利用できるようになるとのことです。

DPLA Announces Partnership with the George A. Smathers Libraries at the University of Florida, Bringing Nearly 400,000 New Items into its National Collection (DPLA, 2014/5/13)
http://dp.la/info/2014/05/13/university-of-florida-content-hub-announcement/

現在のDPLAのContent Hubのリスト
http://dp.la/info/about/hubs/

University of Florida Digital Collections (UFDC)
http://ufdc.ufl.edu/

参考:
米国デジタル公共図書館(DPLA)、公開から1年
Posted 2014年4月18日
http://current.ndl.go.jp/node/25960

米国デジタル公共図書館(DPLA)に3つのサービス・ハブが追加
Posted 2013年10月28日
http://current.ndl.go.jp/node/24693

E1429 - 米国デジタル公共図書館(DPLA)が公開される カレントアウェアネス-E No.237 2013.05.23
http://current.ndl.go.jp/e1429

南カリフォルニア大学図書館が米国デジタル公共図書館(DPLA)のコンテンツ・ハブに
Posted 2013年8月23日
http://current.ndl.go.jp/node/24220