米NISOおよびOAI、ウェブリソースの同期に関する仕様“ResourceSync Framework Specification”(ANSI/NISO Z39.99-2014)を公開

2014年5月7日、米国情報標準化機構(NISO)及びOpen Archives Initiative(OAI)が、2014年4月21日付けで、ウェブリソースの同期に関する新しい規格“ResourceSync Framework Specification”(ANSI/NISO Z39.99-2014)を公開したと発表しました。

この規格は、さまざまな機能で構成されるウェブリソースの同期の枠組みについて記述したもので、サーバ側がサポートする同期機能の通知の方法や、第三者のシステムがその情報を入手する方法などについて記述しているとのことです。

NISO and OAI Publish American National Standard on ResourceSync Framework Specification(NISO, 2014/5/7付)
http://www.niso.org/news/pr/view?item_key=6b81b2cd3a1891acd38682a006772dfa7ecec2ab

ResourceSync Framework Specification - Table of Contents
http://www.openarchives.org/rs/toc

ResourceSync Framework Specification ANSI/NISO Z39.99-2014
http://www.niso.org/apps/group_public/download.php/12904/z39-99-2014_resourcesync.pdf

ResourceSync (Resource Synchronization)(NISO)
http://www.niso.org/workrooms/resourcesync/

参考:
米NISOおよびOAI、分散するウェブリソースの同期に関する仕様“ResourceSync Framework Specification”のドラフトを公開
Posted 2013年2月6日
http://current.ndl.go.jp/node/22860