カナダの公共図書館における電子書籍の提供についてのレポートが公開

2014年4月24日、カナダのThe Canada Urban Libraries Council(CULC/CBUC)が、カナダの公共図書館における電子書籍の提供についてのレポート“eBooks in 2014: Access and Licensing at Canadian Public Libraries”を公開しました。

このレポートでは、2011年から2014年までに電子書籍の利用や貸出しのための技術が置かれた状況について、特にカナダの公共図書館の観点から紹介しているとのことです。2011年8月に刊行されたレポートの更新版のようです。

レポートでは、利用と価格モデル、カナダにおける電子書籍製品、閲覧端末で留意すべき点、障壁となる争点、図書館市場、出版や書籍の売り上げなどについて取り上げているということです。

CULC/CBUCは、タスクフォースを設けて、出版者や図書館ベンダーと協力して、電子書籍をカナダの公共図書館で提供するための効果的な方法を継続して検討しているとのことです。

UPDATED CULC/CBUC PAPER ON EBOOKS AND PUBLIC LIBRARIES(CULC/CBUC, 2014/4/24付)
http://www.culc.ca/news/post/Updated-CULCCBUC-Paper-on-eBooks-and-Public-Libraries.aspx

eBooks in 2014: Access and Licensing at Canadian Public Libraries(PDF, 18ページ)
http://www.culc.ca/news/file.axd?file=2014%2f4%2feBooks+in+Canadian+Public+Libraries+2014.pdf

参考:
電子書籍出版に関するレポート 出版社の90%近くは電子書籍を出版、61%は図書館に対して販売(カナダ)
Posted 2014年3月18日
http://current.ndl.go.jp/node/25721

E1529 - 読者を第一に考えて:図書館電子書籍ベンダーガイド,公開
カレントアウェアネス-E No.253 2014.02.06
http://current.ndl.go.jp/e1529