児童に関するデータリポジトリinBloom、活動の終了を発表(米国)

2014年4月21日、児童の学習等に関する情報のデータリポジトリ構築を目指していた非営利団体inBloomが、その活動を終えることを発表しました。

inBloomは2011年にビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団とCarnegie Corporation of New Yorkから1億ドルの支援を受けて設立された団体で、児童の情報を収集し、教員がそれらを一元的に参照できるようにすること等を通じて教育の質を高めることを目指していました。しかしプライバシーの観点等から反対する意見が相次ぎ、2014年3月にはニューヨークで教育機関が児童のデータを収集する第三者機関と契約することを禁じる法律が可決されていました。このような状況を受け、inBloomは自身のコンセプトは時期尚早であり、人々の間で受け入れられるには今しばらくの時間とリソースが必要であるという結論に達したとのことです。

inBloomによる発表
https://www.inbloom.org/

Data Privacy: inBloom, the Non-Profit Data Repository for Student Data Shutting Down(LJ INFOdocket、2014/4/21付け)
http://www.infodocket.com/2014/04/21/data-privacy-inbloom-the-non-profit-data-repository-for-k-12-student-data-shutting-down/

After NY's withdrawal, inBloom to shut down(Democrat & Chronicle、2014/4/21付け)
http://www.democratandchronicle.com/story/VoteUp/2014/04/21/after-nys-withdrawal-inbloom-to-shut-down/7966215/

InBloom Student Data Repository to Close(Bits、2014/4/21付け)
http://bits.blogs.nytimes.com/2014/04/21/inbloom-student-data-repository-to-close/

inBloom to Shut Down Amid Growing Data-Privacy Concerns(Education Week、2014/4/21付け)
http://blogs.edweek.org/edweek/DigitalEducation/2014/04/inbloom_to_shut_down_amid_growing_data_privacy_concerns.html