NISO、KBART推奨指針を改訂

2014年4月7日、米国情報標準化機構(NISO)は、電子リソースのメタデータ交換に関する推奨指針“Knowledge Bases and Related Tools (KBART) ”を改訂しました。2010年に公開した指針を改訂するもので、2010年2月からKBARTフェーズIIのワーキンググループで検討されてきたとのことです。改訂された版では、コンソーシアムのためのメタデータ、オープンアクセスの出版物、電子書籍、会議録のメタデータについても取り扱っているとのことです。

NISO Publishes Revised Recommendations for Knowledge Bases and Related Tools (KBART)(NISO)
http://www.niso.org/news/pr/view?item_key=9c4eb7b3c14493eae9eeb7a975762dbf9d1e5619

Knowledge Bases and Related Tools Recommended Practice Recommendations NISO RP-9-2014(NISO)
http://www.niso.org/apps/group_public/download.php/12720/rp-9-2014_KBART.pdf

Knowledge Base And Related Tools (KBART) (NISO)
http://www.niso.org/workrooms/kbart

参考:
CA1784 - 動向レビュー:図書館におけるナレッジベース活用の拡がりとKBARTの役割 カレントアウェアネス No.314
2012年12月20日
http://current.ndl.go.jp/ca1784

NISOとUKSG、KBART改訂版の原案を公表しパブリックコメントを募集
Posted 2013年9月6日
http://current.ndl.go.jp/node/24326