大学・研究図書館協会(ACRL)、『高等教育のための情報リテラシー能力基準』を改訂中、ドラフトが公開され、意見募集中(米国)

米国の大学・研究図書館協会(ACRL)は、『高等教育のための情報リテラシー能力基準(Information literacy competency standards for higher education)』の改訂を行っており、2014年4月4日に、最初のドラフトのPart2である“Competecy Standards Revision Task Force Interim Report”が公開され、4月15日まで意見募集を行っています。Part1は、2014年2月20日に公開されています。

ACRLの『高等教育のための情報リテラシー能力基準』は2000年に策定されたもので、2012年6月にACRLの理事会により改訂が決定され、2013年3月から、検討のためのワーキンググループの活動が開始されています。

Framework for Information Literacy for Higher Education Draft 1, Part 2.(ACRL, 2014/4/4付)
http://acrl.ala.org/ilstandards/wp-content/uploads/2014/04/Framework-for-IL-for-HE-Draft-1-Part-2.pdf

Framework for Information Literacy for Higher Education Draft 1, Part 1.(ACRL, 2014/2付)
http://acrl.ala.org/ilstandards/wp-content/uploads/2014/02/Framework-for-IL-for-HE-Draft-1-Part-1.pdf

Draft for Comment(ACRL, 2014/4/4付)
http://acrl.ala.org/ilstandards/?page_id=133

ACRL Information Literacy Competency Standards for Higher Education Task Force
http://www.ala.org/acrl/aboutacrl/directoryofleadership/taskforces/acr-tfilcshe

ACRL Releases Second Part of Draft Framework for Information Literacy for Higher Education(ACRL, 2014/4/4付)
http://www.acrl.ala.org/acrlinsider/archives/8602

参考:
CA1445 - 米国における利用者教育の方向-大学・学校図書館の基準を中心に- / 野末俊比古 カレントアウェアネス No.268 2001.12.20
http://current.ndl.go.jp/ca1445

図書館研究シリーズNo.40 米国の図書館事情2007-2006年度
第3章 教育・リテラシー
3.2 大学図書館が教育・リテラシーに果たす役割 ~情報リテラシー教育とインフォメーション・コモンズ~
http://current.ndl.go.jp/node/14417