ITHAKA S+R、北米研究図書館協会(ARL)、特別コレクションデジタル化のケーススタディについてのウェブセミナーの動画と関連資料が公開

2014年1月31日、ITHAKA S+R、北米研究図書館協会(ARL)が特別コレクションデジタル化のケーススタディについてのウェブセミナー"Searching for Sustainability: Strategies from Eight Digitized Special Collections"を開催しました。

このセミナーは、2013年11月20日に公開された同じタイトルの報告書をテーマにしており、当該報告書で取り上げられている、8つの大学図書館や文化財保護団体の事例のプロジェクトリーダーやメンバーが、ユーザの獲得やインフラ構築のための戦略、デジタルコレクションを長期間維持し、成長させていくために必要な資金調達モデルなどについて、議論をしたものとのことです。

セミナーの動画がARLにより公開されており、また、セミナーでは時間が足りずに回答できなかった質問について、Ithaka S+Rのブログで回答が紹介されています。

Searching for Sustainability: Strategies from Eight Digitized Special Collections(ARLVideo, 2014/2/4付)
http://youtu.be/6biuB7nYEtY

Sustaining Public History Projects(ITHAKA S+R, 2014/3/17付)
http://www.sr.ithaka.org/blog-individual/sustaining-public-history-projects

Searching for Sustainability: Strategies from Eight Digitized Special Collections
http://www.arl.org/publications-resources/3022-searching-for-sustainability-strategies-from-eight-digitized-special-collections
※報告書の公開ページ

参考:
ITHAKA S+R、米研究図書館協会、特別コレクションデジタル化のケーススタディ報告書を発表
Posted 2013年11月21日
http://current.ndl.go.jp/node/24907