D-Lib Magazineの2014年3・4月号が「収集と保存」特集

オープンアクセス誌“D-Lib Magazine”の2014年3・4号が刊行されました。今号は、収集と保存の特集となっています。4本の論考が掲載されており、それぞれ、文化遺産のデジタルコレクションやサービスへの参加を促すためのソーシャルメディアの活用、ARLの加盟館の電子情報保存のファイルフォーマットの方針、主題リポジトリである医学情報リポジトリの管理、ウェブベースのオークションのカタログの収集が取り上げられています。また、会議報告も2本掲載されており、iPRES2013のワークショップへの参加等が報告されているようです。

【Articles】
Participatory Cultural Heritage: A Tale of Two Institutions' Use of Social Media
Chern Li Liew, Victoria University of Wellington, New Zealand

Digital Preservation File Format Policies of ARL Member Libraries: An Analysis
Kyle Rimkus, Thomas Padilla, Tracy Popp and Greer Martin, University of Illinois at Urbana-Champaign

Managing a National Health Repository
Aoife Lawton and Padraig Manning, Health Service Executive, Ireland

Preserving Web-based Auction Catalogs at the Frick Art Reference Library
Gretchen Nadasky, Optimity Advisors

【OPINION】
BitTorrent and Libraries: Cooperative Data Publishing, Management and Discovery
Chris Markman, Clark Univeristy and Constantine Zavras

【CONFERENCE REPORTS】
Report on the Capability Assessment and Improvement Workshop (CAIW) at iPres 2013
Christoph Becker, University of Toronto and Vienna University of Technology and Elsa Cardoso, University Institute of Lisbon and INESC-ID

Report on the 2nd International Workshop on Historical Document Imaging and Processing (HIP'13)
George V. Landon, Eastern Kentucky University

D-Lib Magazine March/April 2014 Volume 20, Number 3/4
http://www.dlib.org/dlib/march14/03contents.html

参考:
E1354 - 電子情報保存に関する国際会議(iPRES2012とIIPC)<報告> カレントアウェアネス-E No.225 2012.10.25
http://current.ndl.go.jp/e1354