Rowman & Littlefield社、ダグラス郡図書館のプラットフォームに電子書籍を直接提供することで合意

米国の人文学・社会科学分野の出版を手掛けるRowman & Littlefield社が、自社の電子書籍について、ダグラス郡図書館(CDL)の電子書籍プラットフォームに直接、提供することで合意した旨が、Publishers Weeklyにおいて2014年3月4日付で報じられています。CDLが電子書籍を所有し、その上で貸出のためにその電子書籍をホスティングするとされています。

なお、ダグラス郡図書館において電子書籍貸出サービスを牽引してきた館長のラルー(Jamie LaRue)氏は退官しており、5月から新館長が着任することがアナウンスされています。

Rowman & Littlefield Signs Library E-Book Deal(Publishers Weekly, 2014/3/4付け)
http://www.publishersweekly.com/pw/by-topic/digital/content-and-e-books/article/61283-rowman-littlefield-signs-library-e-book-deal.html

関連;
Give ’em What They Want? (Publishers Weekly, 2013/5/29付け)
http://www.publishersweekly.com/pw/by-topic/industry-news/libraries/article/56602-give-em-what-they-want.html

Leaving Douglas County Libraries(2013/10/16付け)
http://jaslarue.blogspot.jp/2013/10/leaving-douglas-county-libraries.html
※ラルー館長の退官についての自身によるアナウンス

Douglas County Libraries announces new director(Douglas County Libraries, 2014/2/14付け)
http://douglascountylibraries.org/AboutUs/PublicNotices/New-Library-Director-Selected
※新館長についてのアナウンス

参考:
E1363 - 米国図書館界で注目,電子書籍の「ダグラス郡モデル」とは?
カレントアウェアネス-E No.227 2012.11.29
http://current.ndl.go.jp/e1363

電子書籍の普及が進む中で、ダグラス郡図書館のラルー館長が取り組んできたこと(記事紹介) Posted 2013年7月3日
http://current.ndl.go.jp/node/23850