東京文化財研究所、「文化財の放射線対策に関する研究会」の資料公開およびパブリックコメントを募集

東京文化財研究所では、独立行政法人文化財機構、独立行政法人国立美術館、全国美術館会議、福島県教育庁、福島県内文化施設とともに、2012年~2013年度の2か年に「文化財の放射線対策に関する調査研究」を進めてきたとのことです。

その成果として2013年3月11日、2014年2月12日に研究会を開催し、
(1)『博物館美術館等のリスクマネージメント-放射性物質に汚染された塵埃への対応を中心に-(20140210案)』
(2)『文化財の除染に対する基本的考え方(20140210案)』
の資料をまとめたとのことです。

この2つの資料について、2014年3月20日を締切りとして、意見募集が行われています。

「文化財の放射線対策に関する研究会」資料の公開について(東京文化財研究所, 2014/2/26付)
http://www.tobunken.go.jp/~ccr/news/event20140218radmeet/event20140218.html

参考:
E1532 - 東日本大震災後の図書館等をめぐる状況(2014/2/14現在) カレントアウェアネス-E No.254 2014.02.20
http://current.ndl.go.jp/e1532

【イベント】文化財の放射線対策に関する研究会(3/11・東京)
Posted 2013年3月6日
http://current.ndl.go.jp/node/23030