Oxford University Press、『オクスフォード英語辞典』(OED)の第一次世界大戦に関する語彙についての情報提供を呼びかけ

2014年1月31日から、Oxford University Pressが『オックスフォード英語辞典』(Oxford English Dictionary: OED)の第一次世界大戦に関する語彙について情報提供を呼びかけています。

OEDは、150年以上の歴史を誇る辞書で、現在使用されている意味だけでなく、文献での初出年代や多くの用例を収録しており、創刊時に民衆からの情報提供を得て、辞書を編纂したとのことです。

開戦から100年を機に第一次世界大戦に関する語彙の改定を予定しているとのことです。第一弾として、それぞれの語彙のより古い文例や追加の文例についての情報提供を呼びかけているようです。これまで新聞や雑誌などから用例を採録してきたとのことですが、英国公文書館のデジタルアーカイブでの第一次世界大戦の日記の公開など、手紙や日記、政府文書といった、これまでアクセスしづらかった情報源にアクセスできるようになってきたため、新たに情報提供を呼びかけているとのことです。

Appeals News: Words from the First World War(Oxford English Dictionary, 2014/1/31付)
http://public.oed.com/appeals-news-wwi/

http://public.oed.com/appeals-tags/wwi/
※協力が呼びかけられている語彙の一覧です。

About the OED Appeals
http://public.oed.com/the-oed-appeals/about-the-oed-appeals/

Unit war diaries(The National Archives)
http://www.nationalarchives.gov.uk/first-world-war/centenary-unit-war-diaries.htm

via:
OED Editors crowdsourcing WWI word origins, appeal for help(No Shelf Required, 2014/2/19付)
http://www.libraries.wright.edu/noshelfrequired/2014/02/19/oed-editors-crowdsourcing-wwi-word-origins-appeal-for-help/

参考:
英国公文書館、第一次世界大戦時の軍隊の戦時日誌をデジタル化
Posted 2014年1月16日
http://current.ndl.go.jp/node/25263

E1535 - Europeana 1914-1918:第一次世界大戦の記憶を共有する試み カレントアウェアネス-E No.254 2014.02.20
http://current.ndl.go.jp/e1535

『オクスフォード英語辞典』(OED)オンライン版、2013年12月の更新で新たに”emoji”を採録
Posted 2013年12月17日
http://current.ndl.go.jp/node/25098