米国ロチェスター大学、 Seward Family Archiveデジタル化プロジェクトに Fred L. Emerson財団から助成金を受けたことを発表

2014年2月12日、米国ロチェスター大学が、Seward Family Archiveをデジタル化するプロジェクトに Fred L. Emerson財団から360,000ドルの助成金を受けたことを発表しました。米国の第16代大統領リンカーンと第17代大統領ジョンソンの下で国務長官を務めた19世紀の政治家であるWilliam Henry Sewardとその家族の写真、日記、書簡等、150,000点以上の資料をデジタル化し、オンラインで提供する予定とのことです。これらの資料の多くは、Sewardの孫により、1945年から1951年の間に、同大学の図書館に寄贈されたものとのことです。

$360,000 Grant Helps Put One of the Nation's Most Important 19th Century Archives Online (University of Rochester, 2014/2/12)
http://www.rochester.edu/news/show.php?id=8142

Seward Family Archive to be digitized, made available to public (Auburn Citizen, 2014/2/14付記事)
http://auburnpub.com/news/local/seward-family-archive-to-be-digitized-made-available-to-public/article_dffd2278-317f-5422-b50b-ea5f86fb1615.html