カレントアウェアネス・ポータルは、図書館界、図書館情報学に関する最新の情報をお知らせする、国立国会図書館のサイトです。

国際電子出版フォーラム(IDPF)、EPUBに関してIBMとの協力を発表

IBMは、近年、EPUBを同社の主要なパッケージ・ポータブル・ドキュメント・フォーマットと位置づけており、そこから得られた事項について国際電子出版フォーラム(IDPF)と協力してホワイト・ペーパーを作成すると2014年2月13日に発表しました。

IBMは、オープンソースのEPUB形式の電子書籍ビューワの開発を行うコンソーシアムであるReadium Foundationにも参加したとのことです。また、同社は、イーラーニングや教育出版におけるITソリューションにEPUBをベースとしたワークフローの普及を目指す予定とのことです。

IBM standardizing on EPUB to reduce digital barriers and increase mobile support(IDPF, 2014/2/13付)
http://idpf.org/news/ibm_adopts_epub

IBM Accessibility(IBM)
http://www-03.ibm.com/able/

IBM EPUB Adoption Quote Sheet(IDPF)
http://idpf.org/news/ibm_adopts_epub-supporter-quotes

International Digital Publishing Forum > Member List(IDPF)
http://idpf.org/membership/members?page=3

Readium > Membership(Readium)
http://readium.org/membership

参考:
国際電子出版フォーラム(IDPF)等、EPUB3形式電子書籍ビューワ開発プロジェクトReadiumを非営利組織化
Posted 2013年3月27日
http://current.ndl.go.jp/node/23173

電子書籍フォーマットEPUB3、IDPFによる最終仕様が確定
Posted 2011年10月11日
http://current.ndl.go.jp/node/19272