米国化学会(ACS)がコピーライトクリアランスセンターのAPC管理サービスを導入

米国化学会(ACS)がオープンアクセス(OA)ジャーナルの論文加工料(Article Processing Charge:APC)の管理のために、米コピーライトクリアランスセンター(CCC)のサービス“RightsLink for Open Access”を導入しました。

なお、ACSは現在全刊行ジャーナルにおいて著者が論文をOAにするかどうかを選べる(ハイブリッドOA)ようになっていますが、2014年には完全なOAジャーナルの出版を予定しているということです。

American Chemical Society Implements Copyright Clearance Center’s RightsLink® for Open Access Solution(CCC 2014/1/21付ニュース)
http://www.copyright.com/content/cc3/en/toolbar/aboutUs/newsRoom/pressReleases/press_2014/press-release-14-01-21.html

Open Access and APC Management(CCC)
http://www.copyright.com/content/cc3/en/toolbar/productsAndSolutions/open-access.html

参考:
E1381 - 効率的なAPCの管理のために“仲介者”の果たしうる役割は?カレントアウェアネス-E No.229 2012.12.28
http://current.ndl.go.jp/e1381

米コピーライト・クリアランス・センター(CCC)、オープンアクセスに関する情報サイトを開設-学会・専門協会出版協会(ALPSP)との連携
http://current.ndl.go.jp/node/25248

米コピーライト・クリアランス・センター(CCC)がGold Open Access Infrastructureへの参加を公表
http://current.ndl.go.jp/node/24372

Swets社、APC管理サービスの開始
http://current.ndl.go.jp/node/23923