データに基づく図書の除籍 - 意思決定支援ツールを用いた大学図書館の事例(米国)

Collection Management誌に、大学図書館における、データに基づく図書の除籍に関する記事“Data-Driven Deselection: Multiple Point Data Using a Decision Support Tool in an Academic Library”が掲載されています。2013年12月20日にオンラインで公開されています。

意思決定支援ツール(Sustainable Collection Services社の提供するツール)を用い、複数の種類のデータに基づいて図書の除籍の決定に取組んだ、Rollins Collegeのオーリン図書館(Olin Library)の事例を紹介・考察したものです。

Data-Driven Deselection: Multiple Point Data Using a Decision Support Tool in an Academic Library(Collection Management, Volume39,Issue1, 2014)
http://www.tandfonline.com/doi/abs/10.1080/01462679.2013.866607#.Urt5INIW19u

Sustainable Collection Services (SCS)
http://sustainablecollections.com/

参考:
OCLCがSustainable Collection Services社と提携し、WorldCatのデータに基づいた図書の除籍等に関するサービスを Posted 2012年1月23日
http://current.ndl.go.jp/node/19984