欧州連合がeアクセシビリティの調査結果を公表

欧州連合が、加盟27か国とその比較の対象としてノルウェー、米国、カナダおよびオーストラリアで行ったウェブサイト、通信、テレビの分野におけるeアクセシビリティの調査結果を公表しました。

ウェブサイトのアクセシビリティについては、調査対象として、政府のポータルや公共サービスなどの公的なサイト、ニュースや銀行、鉄道など日常生活で重要な12のサイトをそれぞれ選択したとのことです。

ウェブアクセシビリティーに関する各国のポリシー、ウェブ・コンテンツ・アクセシビリティ・ガイドライン (WCAG) 2.0の4つの原則、および、視覚、聴覚、運動能力に障害がある人など幅広いエンドユーザを対象としたアクセシビリティの項目について調査を行ったとのことです。

主な調査結果としては、ポリシーの面では、殆どの加盟国で公的サイトのアクセシビリティについての何らかの義務や方針を持っていたとのことです。しかし、欧州全体でのウェブアクセシビリティは、比較対象とした4国と比べて低く、改善の余地があるとのことでした。

STUDY ON ASSESSING AND PROMOTING E-ACCESSIBILITY(PDF;220ページ)
http://www.funkanu.com/PageFiles/17181/thestudyonassessingandpromotinge-accessibility.pdf

European Commission publishes study on web accessibility: poor country results(Access for All, 2013/12/9付けの記事)
http://www.accessforall.eu/2013/12/european-commission-publishes-study-on-web-accessibility-poor-country-results/

European Commission publishes Funka Nu's study on web accessibility
http://www.funkanu.com/en/About-Funka-Nu/News/News-archive-en/European-Commission-publishes-Funka-Nus-study-on-web-accessibility/