Finchレポート 1年目のレビュー

2012年6月に英国の研究情報ネットワーク(RIN)がいわゆる「Finchレポート」(正式名称:Accessibility, sustainability, excellence: how to expand access to research publications)を公開してから1年が過ぎたことを受け、同レポートをまとめたグループ自身によるFinchレポートのレビュー"A Review of Progress in Implementing the Recommendations of the Finch Report"が公開されています。

このレビューはFinchレポート中での提案事項の、公開後1年間での実現状況を振り返るものです。また、レビュー内容に基づき、14の更なる提案事項が示されています。

なお、同レビューは2013年11月18日にRINのサイトで公表されたものですが、同日中には既にハーナッド(Stevan Harnad)氏による反論がハーナッド氏のブログである”Open Access Archivangelism”上で公開されています。

Accessibility, Sustainability, Excellence: How to Expand Access to Research Publications A Review of Progress in Implementing the Recommendations of the Finch Report(RIN、レポート本文)
http://www.researchinfonet.org/wp-content/uploads/2013/02/Final-version.pdf

Finch report implementation & review(RIN、2013/11/18付け)
http://www.researchinfonet.org/finch/

Finch II: "Our Mind's Made Up: Don't Confuse Us With Facts"(Open Access Archivangelism、2013/11/18付け)
http://openaccess.eprints.org/index.php?/archives/1074-Finch-II-Our-Minds-Made-Up-Dont-Confuse-Us-With-Facts.html

参考:
E1495 - ゴールドOAに偏重した英国のOA方針に対する批判と提言 No.247 2013.10.24
http://current.ndl.go.jp/e1495