Europeanaのメタデータについての講義がノースカロライナ大学のMOOCで公開

ノースカロライナ大学チャペルヒル校の情報学部(School of Information and Library Science)の運営するMOOCで、“Metadata: Organizing and Discovering Information”というコースが公開されています。このコースは、Europeanaのスタッフが、Europeanaのメタデータを例として、ウェブ上やデータベースなどで、情報ツールとしてメタデータがどのように使用されているのかについて取り上げています。

同コースは8週間、1週あたり4~6時間で設定されており、シラバスは以下の通りです。

Unit 1: Organizing Information
Unit 2: Dublin Core
Unit 3: How to Build a Metadata Schema
Unit 4: Alphabet Soup: Metadata Schemas That You (Will) Know and Love
Unit 5: Metadata for the Web
Unit 6: Metadata for Networks
Unit 7: How to Create Metadata
Unit 8: How to Evaluate Metadata

参加には、登録が必要になります。

Metadata: Organizing and Discovering Information(The)
https://www.coursera.org/course/metadata

Europeana used in Massive Open Online Course on Metadata(Europeana 2013/10/29付け)
http://pro.europeana.eu/web/guest/pro-blog/-/blogs/europeana-used-in-massive-open-online-course-on-metadata

参考:
CA1785 - 動向レビュー:Europeanaの動向:「欧州アイデンティティ」および「創造性」の観点から / 古山俊介 カレントアウェアネス No.314 2012年12月20日
http://current.ndl.go.jp/ca1785