カレントアウェアネス・ポータルは、図書館界、図書館情報学に関する最新の情報をお知らせする、国立国会図書館のサイトです。

OAPEN-NLが最終報告書を公表-オランダでは「OAでの刊行は書籍の売り上げに影響はない」

2013年10月22日、OAPEN-NLが、オランダにおける単行書のオープンアクセスに関する調査の最終報告書“A project exploring Open Access monograph publishing in the Netherland Final Report”を公表しました。OAPEN-NLは、人文・社会科学分野の単行書のオープンアクセス(OA)を推進する欧州のコンソーシアムOAPENの、オランダにおける共同研究プロジェクトです。

紹介文及びアブストラクトによると、今回の調査では、2011年6月から2012年11月にかけて9つの出版社からOAで出版された50の単行書について、従来の形式でも刊行し、利用、売り上げ、コストについてデータが収集されたとのことです。その結果、売り上げについては、OAが売り上げにネガティブな影響をもたらしたとのエビデンスは得られなかったとのことです。

報告書では、図書館、出版社等に対する提言も示されています。

Publishing in Open Access increases usage and has no effect on book sales(OAPEN-NL, 2013/10/23付け)
http://www.oapen.nl/index.php?option=com_content&view=article&id=58:english&catid=49:english&Itemid=63

Publishing in Open Access increases usage and has no effect on book sales(SURF, 2013/10/22付け)
http://www.surf.nl/en/actueel/Pages/PublishinginOpenAccessincreasesusageandhasnoeffectonbooksales.aspx

Report: A project exploring Open Access monograph publishing in the Netherlands(SURF, 2013/10/22付け)
http://www.surf.nl/en/publicaties/Pages/ReportAprojectexploringOpenAccessmonographpublishingintheNetherlands.aspx

OAPEN-NL A project exploring Open Access monograph publishing in the Netherland Final Report (2013/10、pdf98ページ)
http://www.surf.nl/nl/publicaties/Documents/OAPEN%20Rapport_%20A%20project%20exploring%20Open%20Access%20monograph%20publishing%20in%20the%20Netherlands_22102013.pdf