MOOC創設者達へのインタビュー(記事紹介)

2013年10月17日、Times Higher Education紙が、"Mooc"という語を5年前にカナダで最初に使用した発案者達へのインタビュー記事を掲載しています。カナダ国家研究会議(National Research Council of Canada)の研究員であるStephen Downes氏と、Athabasca Universityの教員であるGeorge Siemens氏は、2008年に"Connectivism and Connective Knowledge"と呼ばれるオンライン講座を創設し、これが最初のMoocであると広く認められているとのことです。

記事によるとDownes氏は、現在のMoocsはインタラクティブでダイナミックな学習方法よりも静的で受動的な教育を重視していると懸念しているとのことです。

Siemens氏は、Moocsに対する考え方は変化の時代にあり、批判が高まっていると考えているとのことです。その原因は彼が言うところの"大型Moocプロバイダの大失敗"にあり、大型Moocプロバイダは独創性と革新性を促進するよりも、既に知られている知識をただ詰めなおしているだけだと述べています。

Mooc creators criticise courses’ lack of creativity (Times Higher Education 2013/10/17付け記事)
http://www.timeshighereducation.co.uk/news/mooc-creators-criticise-courses-lack-of-creativity/2008180.article