ロサンゼルス・タイムズ紙、図書館や本に人生を救われたという3人の回想録について記事を掲載

米Los Angeles Times(オンライン版)に、2013年10月1日付けで、“Three memoirs that prove libraries and books save lives”という記事が掲載されています。

図書館や本が人生を救ったという3名の回想録を紹介するもので、取り上げられているのは、1980年代から90年代に厳しい社会環境の中で成長したという、メキシコ系移民の作家のReyna Grande氏(回想録‘The Distance Between Us’)、作家・映画製作者のMK Asante氏(回想録‘Buck')、全米図書賞(小説部門)の受賞作家Jesmyn Ward氏(回想録‘Men We Reaped')です。

記事は、冒頭で、英語の先生や地域の図書館員は、消防士や救急車の運転手のように、危機において重要なものである、と述べ、現在の米国の財政状況などを意識して書かれています。

Three memoirs that prove libraries and books save lives (Los Angeles Times, 2013/10/1付け)
http://www.latimes.com/books/jacketcopy/la-et-jc-three-memoirs-that-prove-libraries-and-books-save-lives-20130919,0,7833086.story

回想録の書評;
Review: A courageous voice emerges in 'The Distance Between Us'(2012/8/19付け)
http://articles.latimes.com/2012/aug/19/entertainment/la-ca-reyna-grande-20120819

MK Asante's 'Buck': Coming of age in Killadelphia(2013/8/8付け)
http://www.latimes.com/features/books/jacketcopy/la-ca-jc-mk-asante-buck-20130811,0,2498362.story

Jesmyn Ward's 'Men We Reaped' is a tale of young men lost too soon (2013/9/6付け)
http://www.latimes.com/books/jacketcopy/la-ca-jc-0908-jesmyn-ward-20130908,0,926641.story