米下院にNSFなど連邦政府4機関にパブリック・アクセスを義務付ける法案”PAPS ACT”提出

2013年9月19日、米議会下院に米国科学財団(NSF)や米国国立航空宇宙局(NASA)など4つの連邦政府機関を対象に、研究成果のパブリック・アクセスを義務付ける法案”the Public Access to Public Science (PAPS) Act”が提出されました。提出者は下院議員のJim Sensenbrenner氏とEddie Bernice Johnson氏です。

米国では現在、上下両院に研究助成を行う連邦機関を対象にパブリック・アクセスを義務付ける法案"Fair Access to Science and Technology Research ACT"(FASTR)も提出されています。米ハーバード大学のHarvard Open Access Projectのサイトでは両法案を比較し、対象とする機関数(PAPS ACTは4機関、FASTRは少なくとも11機関)、原則とするエンバーゴ期間の長さ(PAPS ACTは12カ月、FASTRは6カ月)などの違いを挙げています。

FASTRを支援してきた米SPARCは、2013年9月23日付けでExecutive DirectorであるHeather Joseph氏の見解を公表しています。SPARCはPAPS ACTの理念は支持するとしつつも、エンバーゴ期間の違いなどを理由に挙げ、SPARCとしては引き続きFASTRを支援するとしています。

Press Releases and Statements Jim Sensenbrenner and Eddie Bernice Johnson Introduce Public Access Bill(Sensenbrenner氏のサイト、2013/9/19付け)
http://sensenbrenner.house.gov/news/documentsingle.aspx?DocumentID=350400

the Public Access to Public Science (PAPS) Act.
http://sensenbrenner.house.gov/uploadedfiles/public_access_bill.pdf

Notes on the Public Access to Public Science Act(Harvard Open Access Project)
http://cyber.law.harvard.edu/hoap/Notes_on_the_Public_Access_to_Public_Science_Act

New Public Access Legislation Introduced in U.S. House of Representatives(SPARC 2013/9/23付け)
http://www.sparc.arl.org/blog/new-public-access-legislation-introduced-us-house-representatives