スウェーデンで、図書館の電子書籍貸出サービスに関する製品・サービスを提供する新会社Atingoが設立

スウェーデンで、電子書籍やオンデマンド出版を手掛けるPublit社と、図書館や文書館向けのシステムベンダであるAxiell社が、2013年8月に、図書館に電子書籍貸出に関する製品・サービスを提供する新会社“Atingo”を設立しました。これについて、ALA TechSourceに、ブリーディング(Marshall Breeding)氏の提供として記事が掲載されています。

記事では、スウェーデンの図書館における、利用者への提供実績に応じてそれぞれの図書館が料金を支払うという電子書籍貸出モデルを、米国のモデルとは異なるものとして紹介するとともに、Atingoは、これをさらに前進させる狙いであるとを紹介しています。Publit社側が、出版社から電子書籍タイトルを収集し図書館員向けに提供する目録や、図書館員用の管理インターフェースを提供し、またAxiell社側が、利用者向けのインターフェースを提供しているようです。

Atingo and the Swedish E-Book Lending Model(ALA Techsource, 2013/9/17付け)
http://www.alatechsource.org/blog/2013/09/atingo-and-the-swedish-e-book-lending-model.html

Atingo
http://www.atingo.se/

関連:
スウェーデンAxiell社、出版社<->図書館向けの電子書籍ライセンス・トレーディングシステム「Atingo」を発表(hon.jp、2013/8/23付け)
http://hon.jp/news/1.0/0/4694/

Atingo - a new company that radically changes the conditions for the lending of e-books at the library(Axiell、2013/8/21付け)
http://www.axiell.com/press#/pressreleases/atingo-a-new-company-that-radically-changes-the-conditions-for-the-lending-of-e-books-at-the-library-896293

Publit
http://www.publit.se/cms/

Axiell
http://www.axiell.com/

参考:
一味違うスウェーデンの電子書籍貸出モデル(ITmedia eBook User, 2012/12/27付け)
http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1212/27/news067.html