カレントアウェアネス・ポータルは、図書館界、図書館情報学に関する最新の情報をお知らせする、国立国会図書館のサイトです。

幼稚園に入る前の子どもと1000冊の本を:米アーリントン郡公共図書館の読書支援プログラム

米国バージニア州アーリントン郡公共図書館で、“1,000 Books Before Kindergarten”というプログラムが始まっています。2013年9月13日付けのワシントンポスト紙(地域版)が、これを紹介する記事を掲載しています。

このプログラムは、アーリントン郡の家族や子どもの世話をする人たちが、幼稚園に入る前の年齢の幼児と一緒に1000冊の本を読むことを支援するものです。ウェブサイトによると、参加者は、アーリントン郡図書館でプログラム参加の登録し、毎回子どもと本を読むたびに記録を付けます。25冊でちょっとしたプレゼントがもらえ、100冊でトートバックがもらえ、その後100冊ごとにステッカーがもらえ、そして1000冊に到達すると、このプログラムを支援しているJackie Urbanovic氏の絵本“Duck at the Door”がもらえるとのことです。また図書館のストーリータイムの本ももちろんカウントするとのことです。

どうやったら1000冊の本が読めるの?という質問に、ウェブサイトでは、1日3冊読めば1年で1095冊、1日1冊読めば3年で1095冊、という数を示しています。

Arlington library system starts ‘1,000 Books Before Kindergarten’ to urge a love of reading(WashingtonPost, 2013/9/12付け)
http://www.washingtonpost.com/local/arlington-library-system-starts-1000-books-before-kindergarten-to-urge-a-love-of-reading/2013/09/10/f9e984b4-1971-11e3-a628-7e6dde8f889d_story.html

1000 Books Before Kindergarten
http://library.arlingtonva.us/kids-and-teens/babies-and-preschool/1000-books-before-kindergarten/

FAQ
http://library.arlingtonva.us/kids-and-teens/babies-and-preschool/1000-books-before-kindergarten/1000-books-before-kindergarten-faqs/